ウーマン

小顔になって魅力アップ|コンプレックスを解消しよう

タイプ別の施術方法

鏡を見る中年女性

芸能人のような小顔に憧れている女性は多いはずです。いくらスタイルが良くて身だしなみを整えていても、顔が大きいとボディバランスが整わずに不格好になってしまいます。そのため、雑貨店などで購入できる小顔ローラーなどを駆使しながら顔を小さくしようと心掛けている女性もいますが、小顔ローラーによるリフトアップはそこまで大きな効果を得ることができません。毎日継続していけば徐々に顔は小さくなっていくはずですが、顔のタイプによっては小顔ローラーを使っても意味が無い場合があります。憧れとしている小顔を実現する一番確実な方法は美容整形です。形成外科などで小顔になるための施術を色々行なっていますが、輪郭のタイプによって行なう施術方法が変わってきます。基本的に小顔の整形はほとんど痛みや腫れなどはないです。しかし、自分の輪郭に合わせた施術を行なわないと思ったような小顔効果が得られない場合もあるので、事前にタイプ別の施術方法を確認しておきましょう。まず、顔のエラ部分が張っていて、野球のホームベースのような形をしている場合、ボトックス注射による施術が最適です。多くの人はエラを小さくする施術を言えば骨を削る大掛かりなものだと思っているはずですが、実は筋肉が過剰に発達することでエラが大きくなる場合があり、ボトックス注射で筋肉の動きを弱めて上げればみるみるうちに小顔になっていくのです。ボトックス注射による小顔の効果は約三ヶ月から六ヶ月ほど続きます。

エラが張っている以外に、顔の輪郭が年齢とともにたるみ、ぼやけて見えてしまうことがあります。このような場合はたるみを引き上げる施術をしてあげれば小顔になれるので、マシンや糸を使ったリフトアップ手術をすると良いでしょう。糸やマシンで顔のたるみを解消すると顔の輪郭がはっきりして若々しい印象を与えてくれます。マシンによる治療だと三ヶ月から六ヶ月程効果が持続し、糸による施術の場合は一年から二年程の持続力があります。場合によってはメスを使ってリフトアップをすることがありますが、効果は三年程度続きます。また、顎の下や頬周りに脂肪が付いて顔が大きくなっている人は脂肪吸引をすれば小顔になれます。脂肪を落とすためにはダイエットをした方が良いのですが、輪郭周りの脂肪はなかなか燃焼されないので、吸引手術で脂肪をなくしてしまえば、輪郭が綺麗になります。暴飲暴食をして再び脂肪をつけなければ半永久的に効果は持続するので、施術後は規則正しい生活を心がけましょう。このように顔のタイプ別で施術は変わってくるので、事前に自分の輪郭を確認しておき、カウンセリングの際に最適な施術方法を医師と相談していきましょう。