ウーマン

小顔になって魅力アップ|コンプレックスを解消しよう

副作用を確認する

整形

美容整形を受けたい女性の間で話題になっているのが小顔整形ですが、施術を受けると様々な利点があります。第一に、整形によって小顔を手に入れると今まで抱えていたコンプレックスから解消され、自分に自信を持てるようになります。自信がつくと人との会話も楽しくなり、これまで出来なかったことに挑戦しようという意欲が湧いてきます。さらに、小顔になると女性らしい可愛い印象を与えるので異性からの人気も高くなります。出会いのチャンスが増えることで理想の相手と巡り会い、憧れていた結婚までたどり着ける可能性も高くなるのです。また、顔が小さいと体のバランスも整うので洋服の選択肢が増えたり、身長が高く見えたりします。このように小顔手術には多くのメリットがありますが、施術を受ける際は慎重にクリニックや施術方法を選ばないと予期せぬトラブルに巻き込まれてしまいます。実は、美容整形の認知度は昔に比べて上がってきていますが、それによって医師免許を持たずに施術を施す人も少なからずいて、整形に失敗した患者との間でトラブルが発生しているのです。テレビのワイドショーなどでもよく報道されていますが、小顔形成のために骨を削ったり、注射をすると副作用や拒絶反応が起こる可能性があり、前の状態に戻すのは困難になります。手術を受ける女性は目の前の悩みを解消することに意識が集中してしまい、小顔整形の失敗例について知ろうとしません。しかし、同じような過ちをしないためにも失敗例を学んで手術を成功に導きましょう。

まず、小顔形成で多く使われるのがボトックス注射です。ボトックス注射には専用の薬剤が入っていて、それを施術箇所に注入することで筋肉の働きが抑制されて顔が徐々に小さくなっていきます。これは角ばったエラを解消するためによく用いられる施術方法ですが、比較的簡単な施術なので初めての人でも実践しやすいのですが、稀に痛みや内出血といった副作用が現れます。注射針を刺したときと、専用の液体を体の中に注入したときに痛みを感じやすいと言われています。基本的にクリニックでは痛みを軽減するために麻酔を打ち込みますが、表面麻酔は針を刺す痛みだけを軽減するので、注入時の痛みは解消されない可能性があります。さらに、通常の注射と同じようにボトックス注射でも内出血が起こる場合がありますが、時間の経過とともに解消されるので特に心配しなくても良いでしょう。このような副作用を防ぐためには、やはり腕のある医師に施術を任せることが大切です。カウンセリングの時に副作用や麻酔に関する説明をしっかりしてくれる医師なら技術力も高いので効果を実感しつつ、副作用も軽減されるでしょう。